フランス 前半

7月7日、今日本当は2週間のフランス旅行から帰国のはずだった。ところが・・・パパの社員家族チケットで予約できなかったため、満席により乗ることができず帰れませんでした。いまだフランスにいる誉&ママ。しかも、この後も満席の日々らしくいつ帰国できるか分からなくなってしまった。とほほ・・。とりあえずこれまでのフランスでの日々を簡単に書いておくことにする。

6月25日成田出発。実はこの時からトラブル続きだった。出発の飛行機は燃料ポンプ故障のため、3時間遅れ。それも飛行機のなかに閉じ込められたままで・・ただでさえ長いフライトにプラス3時間はきつい。しかも3時間遅れたため、事前にこっちゃんに予約してもらっていたTGVにも乗れず。空港からナント直通はなくなり、自力でパリ市内のモンパルナス駅に行き最終に乗れとのこっちゃんからの指令・・でも1時間しか出発までない。タクシーは長蛇の列、フランス語はわからない。冷や汗物。それでも10分まえに駅に到着し、切符を購入し、3分前に飛び乗った!は~これでナントに行かれる。と安心したが、今度はTGVが途中で停車・・アナウンスは分からないし、またまた不安。30分停車してようやくナントの駅に到着。成田に到着してから24時間が経っていた。本当に疲れた1日だった。
f0049956_71935.jpg

この写真は3時間閉じ込められているときに、ママの目薬をさそうとしている誉。でもこんなに目をつぶっていてははいらないよ!このときはまだ元気。
f0049956_7211975.jpg

ようやく着いたナントの駅で。とくにママのぼろぼろさ加減で疲れが伝わるかしら?

26日。先にフランス入りしていたじ~じ&ば~ばと叔母とみんなで翌日はアルノのお家がある街クリソンに行った。ナントからさらにTGVで約30分。とっても静かなきれいな街。どこを写真に撮っても絵葉書になりそうなところばかり。う~ん、疲れた身体には癒される街だ。
f0049956_7263516.jpg

クリソンにあるお城。日曜日で中には入れなかったけど、外からだけでも十分!
f0049956_7284515.jpg

これぞ絵葉書に、というような景色。こんなにきれいな川をみて育ったアルノ・・何だかいい子になるのが分かる気がした。誉の記憶の奥底にでも残ったらいいのにな~
誉は景色よりも、TGVに乗れたことのほうが嬉しかったみたい。乗り物大好きだからね!2歳児に景色を堪能するのは無理ってものよね~

27日。アルノとアルノパパが車でかの有名な「モンサンミッシェル」に連れて行ってくれた。前日のクリソンとは正反対の観光地。フランスの江ノ島とはよく言ったものだ。人だらけ。
f0049956_7372692.jpg

中を見て回ったが、本当に人がいっぱい。誉は元気に歩き回り、時々アルノとかくれんぼしたり彼なりに楽しんでいた様子。
f0049956_7403153.jpg


28日。まーくんは飛行機の関係上先に帰国。3泊5日のみじか~い初ヨーロッパの旅は終了。このときは本当に短くてかわいそうだと思ったけれど、帰国できなくなった今はあの時帰っていれば思ってしまう。この日は、まーくんをナント駅まで送ってから再びクリソンへ。アルノがバイトしていたワインセラーに行った。ここに行くまでアルノの家にお邪魔。すっごく素敵なお家!!それにお庭も大きくて美しいことったらない。小さな菜園にはズッキーニやらピーマン、メロン、ナスなどなど。フランボワーズも実を付けていた。大きな木にはハンモックがかかっていて、ここでよこになるととても気持ちがいい。とても贅沢な時間。
f0049956_7512139.jpg

f0049956_7514375.jpg

誉の足元にあるのは大きな松ぼっくり。20センチくらいはあるかな。

夕方からワインセラーに。ここはミュスカデという種類の白ワインを作っている。試飲している間、誉はアルノママにだっこされたり、じ~じとお散歩したり。ここで誉に「ミュスカデ、セボン!」(ミュスカデおいしい!)と言わせたら、大うけ!ミュスカデ親善大使にと・・セラーのオーナーに言われる。ここのマダムにワイン畑の説明もされる誉(笑)
f0049956_831394.jpg
f0049956_833672.jpg

[PR]

by homahomax | 2006-07-07 07:15  

<< フランス 中盤 誉・・水を得た魚 >>